運営サイト/オリジナルCMS   |   ダウンロードランキング   |   お問い合わせ

物件管理CMS(格安の39,800円、無料体験版もあり!)

おかげさまで100社以上の企業様からダウンロードいただきました

物件管理CMS(格安の39,800円、無料体験版もあり!)

不動産物件の掲載・管理・運営に特化したCMS。首都圏不動産公正取引協議会のインターネット広告の適正化に対応しています。

WordPressでソースコードを表示

記事にソースコードを直接書きたいときがありますが、WordPressはコードをそのまま書くと、サニタイズ(無害化)処理が働いてしまったり、不要な改行が入ったりしてしまいます。

そんなときに便利なプラグインが PHP HighlightString プラグインです。

このプラグインは php、cpp、css、diff、dtd、javascript、mysql、perl、python、ruby、sql、xml、java 言語のソースコードが直接書けて、しかも色で装飾までしてくれます。

使い方は以下です。

■手順1(プラグインのダウンロード)
http://www.chameleonic.org/pluginPHP HilightString をダウンロードして、解凍してください。

■手順2(ファイルのアップロード)
WordPressに wp-content/plugins/phphlstring フォルダをつくり、そこに解凍した以下2つをアップロード。
1.php_hl_string.phpファイル
2.PEARフォルダ全て

■手順3(CSSの追記)
解凍したhighlight.css の内容を、現在つかっているテーマのCSSに追記。

■手順4(表示エリアの横幅修正)
横幅はCSSに記載されています(デフォルトは400pxです)。以下をclassの width を変更してください。

.hl-surround{
  -moz-border-radius: 5px;
  background-color: #F9FBFC;
  border: 1px solid #C3CED9;
  padding: 8px;
  margin-bottom: 5px;
  width: 400px;
  overflow: auto;
  text-align: left;
}

手順5(表示エリアの高さ修正)
高さは php_hl_string.php に記載されています(デフォルトは20行以上でスクロールバー表示)。
ソースを直接編集してもいいし、WordPress管理画面からも変更できます。編集箇所は78行目です。

//20行以上で、縦スクロールバー表示
var $lines = 20;

手順6(プラグイン有効化)
WordPress管理画面から、PHP Highligh String プラグインを「使用する」にしてください。

以上で準備は完了です。それでは記事を投稿してソースコードを書きましょう。

書き方はphpの場合は以下のように書きます。

[code lang="php"]
ここにソースコード
[/code]

行番号を1から付けたい場合にはこうのように書きます。

[code lang="php" -1]
ここにソースコード
[/code]

ソースコードはphp以外にも、cpp、css、diff、dtd、javascript、mysql、perl、python、ruby、sql、xml、javaがかけますので、その言語に合わせて lang の内容を変更してください。

 

参考になりました?

Filed under: WordPress — admin 12:38  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

コメントを書くにはログインが必要です。
ログイン

運営サイト/オリジナルCMS   |   ダウンロードランキング   |   お問い合わせ